賃貸物件の工事の相場

賃貸物件のスケルトン工事の相場


店舗やショップなどを新しく開業する際に、店舗となるスペースを確保する必要があります。こうした店舗に用いるものとして、ビルなどのテナントの他、路面店などの賃貸物件を借りるといった方法が多くとられています。
こうした賃貸物件にも様々な種類のものがあり、以前その物件を使用していた店舗などが、その内装や什器、家具といったものを残していき、それを物件ごと丸々借りる居抜き物件と呼ばれるものが有ります。これは飲食店など、使用目的が同業である場合有効で、設備にかかる初期費用などを抑えるメリットがある他、近隣の知名度もある程度あることから、宣伝効果を得ることも可能となります。しかし、こうした居抜き物件では、レイアウトがほぼ決まっている状態のため、新たに大幅にレイアウトを変更したりといったことが難しく、また、使用する人によっては使いづらいものもあるため、物件を使用するにあたっては自由度が低いといったデメリットもあります。
こうした居抜き物件の他に、物件に何も残っていない、まっさらの状態で借りる物件もあります。これをスケルトン物件といい、壁や床といった内装は建物の躯体のままで、家具や什器はもちろん配線や給排水、照明設備などもない状態のため、一から内装工事をする必要があります。しかし、何もない状態からなので、店舗のレイアウトは自由に行うことができ、給排水や配線などの給電設備も使用する状況に合わせて制限なく設置できるため、より使用しやすい状態にしてから開業する事ができるのが大きなメリットとなります。
こうした自由度の高いことから、スケルトン物件は居抜き物件よりも人気が高く、入居する人が持っているイメージを形にし易いといった点が人気の理由となっています。
しかし、こうしたスケルトン物件を借りる際は、退去時にまたスケルトンの状態に戻す必要があることを念頭に置かなければなりません。
そのため、内装工事を行う際も、最終的には全ての物を撤去することを踏まえた施工が必要です。
しかし、居抜き物件や他の物件の退去時における原状復帰工事と比べ、スケルトン工事の料金の相場はそれほど大きく変わらないものとなっています。廃棄物などが多いことから、その処分にかかる費用が他の物件より多くなることも特徴です。
こうした物件を選ぶ際は、退去時のことも考慮し、信頼性の高い業者に依頼する事がトラブルなどを防ぐ方法として有効となっています。


Copyright© 2014解体工事が始まるまでの内容と流れ All Rights Reserved.