スケルトンの状態に工事費

飲食店をスケルトンの状態に解体する際の工事費など


飲食店などの店舗が商業ビル内などに入っている場合で、後にお店を閉店や移転などをすることによってスケルトンの状態に戻すことを必要としている場面があります。スケルトンとは、商用の賃貸物件などで用いられることの多いもので、建物内を天井と床などはコンクリートのままの状態、壁などは元々の素材によりますが、コンクリートやクロス張りのままの状態にすることで、基本的に賃貸物件の場合では、スケルトンの状態で借り受けることが多く、後に賃貸契約が終わった際には元通りの状態に戻すことが行われています。飲食店としてお店を開業する場合では、厨房には冷蔵庫や作業台、水回りとしてキッチン機器などを設置することがあります。また、他の店内部分としてもカウンターや天井の照明器具、特殊な床材や家具類などを設置していることが多く、初期投資としてはかなりお金の掛かる部分とされています。しかし、お店を閉店することを決めた場合では、解体工事を行うことが多く、その工事費用としては業者や実際の店舗の面積、そして設備機器などによって異なりますが、坪単価で20万円から40万円程度の費用を必要としている場面が見られます。解体工事を依頼した場合では、予め電気やガスなどを止めておくことも必要とされていますが、厨房機器などの数多くの備品も店舗から運び出しておくことも必要とされています。その後は解体工事を専門として行っている業者に見積もり依頼を事前に済ませておくことも大切になり、契約通りに解体工事が進められることになります。工事の際には物件によっても異なりますが、隣接している企業や店舗、入居者などがある場合では、防音対策もしっかりと行われることが一般的になります。また、飲食店の場合では、スケルトン状態に戻すことの他に、現在ではいわゆる居抜き物件として活用することも行われています。居抜き物件に関しては、物件のオーナーと管理会社などの意向によって決定されることになりますが、居抜きの状態での引き渡しが認められた場合では、解体工費用を安く済ませることが可能とされています。中には殆どそのままの状態で引き渡しが行われているケースも多いものですが、一定の価値のある物品として、各種厨房機器などの高価な機器類に関しては、専門業者に依頼をして買取りを行ってもらう方法も用意されています。この部分についてはお店の経営者の今後の活動によっても異なるために、必要に応じて各業者を利用することが良い手段になります。


Copyright© 2014解体工事が始まるまでの内容と流れ All Rights Reserved.