費用はいくらかかる?

解体工事の費用はいくらかかる?


建物の解体工事で主要なテーマとなるのが、費用です。
建物の解体工事にかかる費用は業者ごとに違いがありますが、料金だけでなく業者をよく選ぶことも大切です。
解体費用をなるべく安く抑えるためには、いくつか注意すべきポイントがあります。
一つは、中間手数料の問題です。
ハウスメーカーに依頼して解体を行う時は特に注意が必要です。
ハウスメーカーで解体を行う場合、下請け業者に工事を依頼することになるので、その分、中間手数料が上乗せされることになるのです。
中間手数料が上乗せされればされるほど料金がかさむので、その分負担が大きくなります。
手数料は20%~30%とられることは覚悟しなければなりません。
解体業者に直接依頼してかかる料金が100万円の場合、これをハウスメーカーに依頼すると120万や130万円となっていきます。
もう一つ注意しておきたいのは、見積もり依頼です。
解体業者は複数あるため、複数の業者に見積もり依頼を出しておかないと損をすることになりかねません。
もし一社だけに依頼をして、後で聞いたら他にもっと安く請け負ってくれる会社があったということになります。
ですから見積もり依頼は1車だけでなく複数の業者に出すようにします。
解体工事の平均相場はありますが、実際にかかる費用は業者ごとに違いがあります。
さらに大事な点は、悪徳業者に騙されないようにすることです。
優良企業が大半を占める一方、悪徳業者の存在があることも忘れてはいけません。
いい加減な手抜き工事や料金的な詐欺を行う悪徳業者につかまらないよう、注意します。
もし悪徳業者が産業廃棄物の不法投棄をしてしまうと、場合によっては建物の持ち主(施主)が罰則を受けることもあります。
この点も合わせて注意しておかなければなりません。
中間コストをかけず、なおかつ複数の業者に見積もり依頼を出す方法があります。
それがオンラインの一括見積もりです。
文字通り複数の業者に一度に見積もり依頼を出して、最も安く請け負う業者をスピーディーに探しだすことができます。
解体料金を安く抑えるための別の方法は、全国の解体工事費の坪単価表を見ることです。
文字通り全国平均坪単価を比較することができますので、これを参考にすることができます。
都道府県ごとの坪単価をチェックすることができますし、木造解体工事の平均値から、鉄骨解体工事の平均値、RC解体工事の平均値もチェックできます。
解体工事は平均値、最高ね、最安値が工事内容ごとに表示されます。


Copyright© 2014解体工事が始まるまでの内容と流れ All Rights Reserved.